ライトゲームで人気のアジをルアーで釣るアジングの入門サイトです。

アジングの基本知識と攻略法 [feat.釣活]

アイテム タックル

アジングのジグヘッドの選び方の基本知識

更新日:

ジグヘッドイメージ
ジグヘッドは種類が多いのでどういう物を選べばいいのかわからない初心者の人のためにアジング用ジグヘッドの基本知識を解説してみよう。

スポンサーリンク

アジング用ジグヘッドの重量について

まず、ジグヘッドは軽ければ軽いほどナチュラルな動きになり魚が吸い込んだ場合も口に入っていきやすくなるためプロフェッショナルになるほど軽いジグヘッドを使いこなす。

ただ、軽いジグヘッドは扱いづらく、飛距離も落ちて沈みにくいため深い場所ではやりにくい。深い場所に沈めた軽いジグヘッドを操作するためには軽いタックルが無いとほとんど感覚がわからなくなるためアタリもよくわからないというデメリットが有る。

プロの人は基本的に0.6グラムとか0.4グラムとかの非常に軽いジグヘッドを水深7〜8メートルに沈めるような釣りをしているが初心者は真似してもトラブルが増えたり感覚がつかめなくて釣りにならない可能性がある。

私がおすすめするのは0.8グラム以上のジグヘッド。基本的に1グラム程度のものなら相当変なタックルじゃなければそれなりに扱えるはず。なので1グラムぐらいから釣りを始めて欲しい。

ただ、タックルとかその時の潮の流れや水深が10メートルぐらいあって底にしか魚がいないとかいう状況では4グラムぐらいのジグヘッドを使って狙うしか無い場合もあり、それでも状況が良ければ十分釣れる。

ジグヘッドのフック形状について

最近のアジング用のジグヘッドは針先が外側に向いたものが多い。これは何故かと言うと針先が外側に向いているとアジが食って吐き出す瞬間に上顎に引っかかりやすいような形状ということ。

アジは餌を食う時に違和感があったりするとすぐ吐き出す事があるのだが食ってから吐き出すまでわずか0.2秒と言われていて人間があたりを感じてフッキングしても間に合わない。

そこで自動的に吐き出した時に上顎に軽く引っかかってくれる針を使っていればフッキングが決まりやすいということなのである。

針先が外側に向いているとフッキングのパワーが伝わりづらいというデメリットがありバラしやすくなるがまず掛けないとバラすことすら無いということで掛け重視の方向でアジング用のジグヘッドは作られている。

ちなみに針先が内側を向いているネムリ形状は掛かりづらいものの一度掛かるとフッキングのパワーが伝わりやすく深く食い込み外れにくいため大物用の針はネムリ形状である場合が多い。

ジグヘッドのヘッド形状について

アジング用のジグヘッドのヘッド形状は大きくわけて2種類ある。

一つ目が水を切り裂く尖った形状でこの形状のジグヘッドはロッドアクションを付けると左右にダートしやすい

そのためトウィッチに反応の良い状況ではこのフック形状を使ってダートさせて釣っていく。昼間など底にいるアジをリアクションで釣っていく釣り方などでも使われたりする。

2つ目が水を受ける平面や球状のタイプでこの形状は平面部分で水を受け止めて抵抗が大きくフォールがゆっくり。巻いていても抵抗が大きいので潮を受けて今どこにジグヘッドがいるのかを把握しやすかったりする。

メリットは潮を受け止めるためゆっくりと巻くことが出来ること。アジの状況によっては非常にゆっくりと水中を漂わせていて動かさない方が食ってくることもある。

潮を受けて流しているだけで釣れることも多くドリフトと呼ばれるこの釣り方をするためには潮を受け止めてゆっくり巻けるタイプのジグヘッドも必要不可欠となる

結束にはアジング用のスナップが便利

通常シーバスフィッシングやメバリングの場合あまりスナップを使って結束する人は多くない。

何故かと言うと安定して巻くためには結束位置が固定されていたほうがむやみにイレギュラーを起こさないから釣れるという理由だ。なのでシーバスのプロはジグヘッドを使う時は直結しましょうと言っていることが多い。(もちろん全く釣れないわけではない)

ただ、アジングはちょっとそういう釣りとは違って基本的にイレギュラーダートで誘ってフォールで食わせるのが主流になっている。その時、結び目が固定されていると可動域が狭くなって動きが悪くなる。

そのためアジングの場合は結ぶ時、フリーノットという結び目が固定されないノットを使う事が多かったのだが最近ではアジング専用のジグヘッド用スナップが発売されており、これを使うと結び直すめんどくささから解放されるし、可動域も確保されるということで急速に普及している。

小さくて軽いジグヘッドを使う時は大きいスナップを使うとバランスが崩れてしまうことがあるのでサイズには気をつけたい。
参考TICT(ティクト) ラクリップ
icon

アジング用のジグヘッドについてのまとめ

アジング用のジグヘッドは沢山の種類があって選びづらいが基本は上記の通りとなる。

ひとまず重さは浅場用の0.8グラム水深3メートル程度を狙う1.5グラム水深5メートル以上を狙う3グラムの3種類でヘッド形状は尖ったタイプ平面タイプを2種類準備しておけば大丈夫だと思っている。

もっと細かく状況によってレンジを変えたい場合は0.4グラムや1グラムなどのバリエーションを揃えていけばいい。

オモリなしタイプを買って自分でガン玉を付けるというのもある。

ちなみに3グラム以上のジグヘッドが無いと厳しいという場合はキャロや追加のシンカーで対応したほうが釣りやすい。
参考:アルカジックジャパン・スプリットシンカーページへ

-アイテム, タックル

Copyright© アジングの基本知識と攻略法 [feat.釣活] , 2017 AllRights Reserved.