ライトゲームで人気のアジをルアーで釣るアジングの入門サイトです。

アジングの基本知識と攻略法 [feat.釣活]

アイテム タックル

アジングに使うと便利なアイテム・グッズをまとめて紹介

更新日:

アジンググッズイメージ
アジングは誰でも出来る気軽なライトゲームとして広がっているが持っていった方がいい便利なアイテムが結構あるので、アジングのときにあると便利なグッズはこれと言うものを紹介していこう。

スポンサーリンク

ヘッドライト

夜釣りには必須。夜光のワームを光らせたりするときにも活躍する。でも、よけいなプレッシャーを与えたくないときは水面を照らさない方がいいとは思う。

GENTOS(ジェントス) デルタピーク DPX-233H
GENTOS(ジェントス) デルタピーク DPX-233H

この製品は私自身も使用しているのだが非常に明るく、水中を照らしてベイトの確認も出来る。
iconハピソン(Hapyson) 充電式チェストライト INTIRAY(インティレイ)リチャージャブル
首にかけるタイプのライト。私は頭につけるのはあまり好きではないのでこちらのタイプを使用している。非常に強力でテトラでも安心。

フィッシュグリップ

アジを持つときはボディーをつかむことになるが必ずぬるぬるになるので魚つかみがあったほうがいい。口が弱くぽろりと落とすことが多い魚だけにワニグリップは必須。

第一精工 ワニグリップミニ
第一精工 ワニグリップミニ

小さいアジしか釣らない時は200円くらいの安いやつでもいいがワニグリップの方が圧倒的に使いやすい。
Golden Mean(ゴールデンミーン) GMグリップ ミニGolden Mean(ゴールデンミーン) GMグリップ ミニ
こういうタイプの魚つかみもある。かさばらなくて便利。ワニグリップでは掴めないようなサイズの魚に。

ランディングネット

アジは口の弱い魚なのでポロッと落とすことが多い。テトラなど足場の悪いところだとランディングネットが無いとずいぶんとゲット数が変わってくる・・・。

第一精工 ガンフレーム30エアー
取っ手が持ちやすくて軽くてよい。

クーラーボックス

アジングは持ってかえって食べるまでがアジング!美味しく食べるためにいいものを準備したい。

iconダイワ(Daiwa)
クールラインアルファ 1000X

軽くて持ち運びやすい小型クーラーがおすすめ。

icon

神経締めグッズ

神経締めすると鮮度が違う!アジを美味しく食べるには鮮度が一番重要なので持っておきたいアイテム。


やり方はユーチューブで勉強しよう。

TICT(ティクト) アジ〆ピックEVA
TICT(ティクト) アジ〆ピックEVA

落として無くしやすいので尻手ロープはつけておこう。

魚捌きグッズ

アジも大量に釣ると捌くのが非常に面倒になってくるのでこういうアイテムもおすすめです。

タオルなど

ヌルヌルがついた時など色々と便利なので持って行った方がいい。
ウェットティッシュ

ガルプ保存容器


エコギア アクア ミニボトル

ガルプ好きには必須アイテム。臭い汁が漏れませんw
注:固く閉めれば基本的にもれませんが、汁が漏れると悲惨なことになるので必ずビニール袋に入れてバッグにしまおう!特に飛行機移動の時には気圧の変動で必ず全部もれます

アジの料理コーナー

アジと言えば日本人になじみの深い魚で色々な調理法がある。刺身・なめろう・煮つけに焼き魚。
何でも非常に美味しいがオススメは豆アジの煮付け。15センチまでなら骨ごと食べることが出来る。
詳しい料理法はクックパッドでアジ料理を検索

-アイテム, タックル

Copyright© アジングの基本知識と攻略法 [feat.釣活] , 2017 AllRights Reserved.