ライトゲームで人気のアジをルアーで釣るアジングの入門サイトです。

アジングの基本知識と攻略法 [feat.釣活]

アドバイス タックル

アジングリールの必要スペックとおすすめリール

更新日:

リールイメージ
このページではアジング用のリールについて説明していく。

アジングリールに必要なスペック

軽いリール

まずリールに求められるのは軽さ。アジングは非常に繊細な釣りなので軽いリールで無いとアタリがわからない時もある。

巻き心地も重要

巻き心地が悪いリールだと一定速度で巻けないことがあるので出来る限りトラブルの少ないリールを選ぶのも重要なポイントだ。

スポンサーリンク

アジングリールのサイズ

ライトゲーム用リールに関しては大体1000番~2000番くらいのサイズがいい。

何故か?アジング用のロッドは一般的にアタリを取るために極限まで軽く作られているからアジング用のライトゲーム用のロッドに合わせると必然的に小さなリールの方がバランスが取れるためである。

ロッドとリールのバランスは思ったより重要で、バランスが悪いとアタリがわかりづらくなったり、操作性が悪くなって飛距離も落ちてしまうことになる。

小さいリールを使う上で気になるのが糸巻き量なのだがライトゲームの場合0.3号とかのラインを使ったりするので小さいリールでも糸巻量は十分だろう。

あくまでも重要なのはリール単体だけではなくロッドとのバランスであること。

ハイギア?パワーギア(ローギア)?

最近はハイギア全盛でどの釣りでもハイギアがもてはやされているが釣り方によってはPGと表記されるパワーギアの方が良い場合もある。

ギア比が低いパワーギアの方がゆっくりと安定してリールを巻くことができるのでノーアクションでゆっくりと一定層を探りたいときなどはギア比の低いリールに分がある。

最近のアジングはダートさせてカーブフォールさせる釣りが流行っているのでそういった釣り方の場合リールでワームを泳がせることがないのでハイギアのリールが使いやすい。

自分の釣り方にあったリールのギア比を選ぶと良いだろう。

リールのブランド別の特徴

ここで日本のリールの二大ブランドであるダイワとシマノのリールの違いについて少し説明しておく。

まずスプールについての説明だが、ダイワのABSスプール搭載のリールは非常にトラブルが少ない。これを真似してシマノの出したAR-Cスプールというのもトラブルが非常に少ない。
なので今はスプール形状で優劣はつかない状況となっている。この辺は好きな方を選べばよいと思う。

次に巻き心地について説明すると、ダイワのリールは以前はチャカポカしたイメージがあったが今はもうシマノの滑らかさにかなり近くなっている。

ダイワがシマノに対して差別化している箇所と言えば低価格帯にもザイオンと呼ばれる軽量で剛性の高いカーボン素材のリールを投入してきていること。

ドラグ性能の重要性

強く引っ張られた時にラインが切れないように自動的にリールからラインが出るような仕組みをドラグと呼ぶが、このドラグの性能はリールによって様々。
一般的に高いリールには性能の良いドラグが付いているのだが安いリールにはそれなりのドラグしか無い。

アジングでなぜドラグが重要かというと変な場所にかかった場合、ドラグが良くないと口が裂けてバラしやすいところが問題となるからである。

一般的にシマノのリールは低価格品でも質のいいドラグが搭載されていると評判がいい。
ダイワもその弱点を補うべくATDという新しい滑らかなドラグを開発し投入し始めているのでそのうちドラグの弱点も変わりが無くなるだろう。

ドラグの音はダイワがうるさく、シマノは静か。ファイト中ドラグが出ているか確認したい人はダイワが良いかもしれない。

おすすめアジング用リール

具体的におすすめなのをいくつか紹介する。

iconシマノ・ヴァンキッシュ 1000PG
ボディーがカーボンで自重が軽いのはもちろんローターも軽くて巻き心地が軽い。ギアはマイクロモジュールギアで究極の滑らかさ。アジングには理想的な作りの最高レベルリール。
iconicon
シマノ(SHIMANO) 13ソアレBB C2000PGSS
シマノのライトゲーム専用ブランド「ソアレ」のコストパフォーマンスシリーズBB(ブラッドブラザー)。専用設計だから扱いやすい。
iconicon
ダイワ(Daiwa)
月下美人 MX2004W

ダイワのライトゲーム用リール。ライトゲームに特化した仕様になっておりスローにリトリーブしやすくなっている。

iconicon
icon

-アドバイス, タックル

Copyright© アジングの基本知識と攻略法 [feat.釣活] , 2017 AllRights Reserved.