おすすめのアジングルアー・ワームはこれだ!

ワーム付け方
アジを釣るルアーは基本的にワームと呼ばれるソフトルアーが主流で一番釣れるルアーである。

ワームをジグヘッドと呼ばれるオモリ付の針に装着し、それでアジを釣る。

ワームのつけ方はこの画像のようにまっすぐつけることが重要である。

スポンサーリンク

ワームの種類

ワームには様々な種類があるので選び方を紹介する。

ピンテールタイプ

icon
ピンテールとは爪楊枝みたいに直線になったシッポを持つタイプで一番ナチュラルにアクションする。普通の魚を見ていると尻尾を動かしているときより動かない時のほうが多い。まさに魚というワームである。ロッドアクションでダートしやすいという特長もある。一番一般的に使われるのがこのタイプ。

カーリーテールタイプ

icon
ピンテールではアピールが弱い時や高活性の魚を手っ取り早く釣っていきたい時に活躍するのがカーリーテール。巻き込んだ部分が水流を受けてアピールする。ゴカイなどのムシエサ系の動きをするタイプ。テールが抵抗になるのでフォールスピードを調整する効果も期待できる。

ビビットテール(シャッドテール)タイプ

icon
icon
小さめのテールがついたタイプもアピール力が強い。タダ巻きでしっぽがプルプル動いて魚を誘う。カーリーテールで釣れない時でもこのタイプが効く状況があるので使い分けるとよい。小魚系の動きをするタイプ。

ファットフォルムタイプ

icon
アジのエサは小魚や虫餌がメインだが時にフナムシやカニの幼生を食べる場合がある。この場合シルエットが細長いよりも太く短い方が反応が良いことがある。細いワームに反応が悪い時に試してみたいタイプ。

ワームの選び方・色

ワームの色はどの色がよいのか?

状況に合わせて選ぶので3色くらいは必要で、白(夜光)透明を持っていればとりあえずはどんな場面でも対応出来る。

ワームのカラーローテーション

白いワームを使う状況は潮がにごっている時。魚に見つけてもらいやすい白がいい。白でもグローと呼ばれる夜光カラーは濁り潮では必須カラー。活性が高いときなども効率よく釣ることができる。

アピール力の強いカラーとしては他にもピンク色や黄色も有効。
特に黄色は色を識別できないと言われているアジに一番アピールできるカラーだと言われている(白黒の世界では黄色は濃い黒に見えるため)

透明(クリア)カラーがいい時は澄潮の時や昼間の釣りをする時。実際のえさとなる魚も小さなものは透明である場合が多いので一番ナチュラルに見える。

緑を使う時は状況がよくわからない時やプレッシャーが高い時。万能カラーであるのがこの緑。とりあえず緑で間違いない。

ワームのサイズ

アジングのワームのサイズは1.5インチ化ら3インチくらいが一般的であるが、惑わされないで欲しいのがワームは長さよりもボリューム感が重要であること。
短くても太いワームはボリューム感が強く小さいアジでは食いきれないがかなり長めのワームであっても細かったり薄いパーツだったりすると豆アジでも余裕で食いつくことが可能。

大きめのワームしか持っていない時にアジのサイズが小さい場合、うまくちゃんと泳ぐ用にワームを切って使うと良いだろう。

おすすめアジングワーム

34(サーティーフォー) ジュニア
私が一番使っているワーム。アジ以外でも色々釣れちゃう万能ワーム。柔らかくて生命感にあふれる最高の動きを出せるがその分素材的に弱いというデメリットも。

34(サーティーフォー) フィッシュライク
適度なボリューム感から操作性が高くまずこのワームから投げることも多い非常に使い勝手がいいワーム。

バークレイ ガルプ!アライブ ベビーサーディン
味と匂いのついたエサより釣れるワーム。最強。非常に実績が高い。どうしても他のワームで釣れない時はこのワームを使う。

icon

おすすめアジング用ジグヘッド

サーティーフォー ストリームヘッドは針先が外側を向いているのでアジが吐き出した時に自動的に口にかかる針。0.2秒でワームを吐き出すと言われているアジの捕食で食った瞬間に合わせることなどほぼ不可能。自動的に合わせが決まるフックを使用したい。

あと、昼間のアジングで重要なダートのアクションをさせるのに最適なジグヘッドがJazz(ジャズ) 尺HEAD(シャクヘッド)
このジグヘッドの良さはヘッドが尖っているおかげで水を切り裂くダートが可能なところ。針の軸も太いので大型のアジがかかっても簡単には伸びない。エソとかがたまに食ってきたりするけれどそれでも伸ばされない。コストパフォーマンスもグッドなジグヘッド。

ジグヘッドの重さ

基本的に重さはその日の潮流や魚の泳層など状況によって変わってくるので3種類くらい持っていたほうが無難だが、1グラムくらいのものが一番ポピュラーと思われる。軽くすればゆっくり引けるので状況によっては0.4グラムといった非常に軽いもの出なければ攻めきれないこともある。

アシストフックを使う

もしアタリがあるのに乗らないことが連発したり、喰いが浅くてヒットしてもすぐにバレるとかいう状況に陥った時に活躍するアイテムがアシストフック。
参考:がまかつ 鬼爪

もっと遠くへ飛ばすための遠投システム

ジグヘッドにワームをセッティングしたルアーで十分釣りになるが、最近流行なのがアジングキャロと呼ばれるシステム。
これは重りを追加して遠投性を向上させることの出来る釣り方で、各社より製品化されたものが出ている。
アクティブシンカーキャロミニMキャロのような製品。
このシステムは風の強い日や、すれているポイントで誰も届かないところにいるピュアな魚を狙うときに有効。
ジグヘッドの重りを使わずに遠くへ飛ばせるので、ワームをよりナチュラルに漂わせることも出来る。

おすすめアジング用ハードルアー

icon
ワーム以外では写真のようなメタルジグと呼ばれる魚型をした鉛のルアーも昼間の釣りや、風の強い日、活性の高い時に手返し良く釣ることの出来るアイテムとしてよく使われる。

シンキングペンシルタイプのルアーもよく釣れる。釣り方はワームと同じように基本的にただ巻きで釣れる。
ブリーデン・ミニマル50ダイワ(Daiwa) アジングスプーンなど。
iconicon
icon

 -ルアー

  関連記事

floatlig

フロートリグの進化系!縦のアクションで釣るアジ

アジングで既に一般化しているのが樹脂製のキャロシンカーを使った遠投システム。 各社から様々な製品が出

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策です。計算結果を半角数字で入れてください。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

ガルプーベビーサーディン
おすすめのアジングルアー・ワームはこれだ!

アジを釣るルアーは基本的にワームと呼ばれるソフトルアーが主流で一番釣れるルアーである。 ワームをジグ

フグイメージ
フグやエソにワームをかじられる時の対策

真冬だとフグやエソの活性は低いのでワームをかじってこないのだが、水温の高いシーズンだとフグやエソ、カ

floatlig
フロートリグの進化系!縦のアクションで釣るアジ

アジングで既に一般化しているのが樹脂製のキャロシンカーを使った遠投システム。 各社から様々な製品が出

ロッドについて解説図
アジングロッドの基本的な選び方とおすすめロッド!

アジングロッドだが、あまりこだわらなくても釣れちゃうのがアジングのいいところで、エギング用の竿でも釣

アジングラインイメージ
アジングにはエステルラインを使うのがオススメ

アジング用のラインについてだが、ラインは素材別にフロロカーボン・ナイロン・PE・エステルという種類が